top of page

2024年6月27日

【シンガポールビジネス】日系企業進出のメリットと成功させるコツ

シンガポールは、近年アジア諸国への中継地として注目されている国です。日本からも多くの大手企業やスタートアップ企業が事業を展開しており、2022年時点の日系企業における海外進出先の第4位に選ばれています。なぜ今シンガポール経済が人気なのでしょうか。


この記事では、シンガポールが経済成長できた理由や、日系企業にとってどのようなビジネス進出メリットがあるのかについて詳しく紹介していきます。また、シンガポールビジネスに成功するためのコツや注意点についても解説しますので、海外進出を検討している企業は必見です。



シンガポールの経済状況と基礎データ

まずは、シンガーボールの基礎的な情報からみていきましょう。

面積

約720k㎡

人口

約564万人

公用語

国語:マレー語 公用語:英語・中国語・マレー語・タミール語

宗教

仏教・キリスト教・イスラム教・道教・ヒンズー教

主要産業

製造業(エレクトロニクス・化学関連・バイオメディカル・輸送機械・精密機械) ビジネスサービス 運輸・通信業 金融サービス業

参照:外務省「シンガポール基礎データ


シンガポールは、東京23区より一回り大きいくらいの国土面積を持っており、1966年にマレーシアから分離したことで設立した都市国家です。当時から資源に乏しい国として知られていましたが、今日では高度な経済戦略を持つアジアの注目国にまで発展しています。


シンガポール貿易産業省(MTI)」は、2024年第1四半期のGDP成長率を前年比2.7%と発表しました。2023年第3四半期のGDP成長率が0.7%、2022年の同時期は0.4%であったことを考慮すると、パンデミック後の段階的な経済復興の兆しがあることがわかります。


参照:JETRO「貿易産業省、第1四半期のGDPと貿易額を発表、通年成長率の予測は維持


まずは、資源に乏しいといわれていたシンガポールが経済成長できた理由と、現在の経済状況について詳しくみていきましょう。


地理的利点と開かれた市場経済

東南アジアの中心にあるシンガポールは、マラッカ海峡を海上貿易ルートに活かせる立地です。そのため、アジア諸国への経由地としての需要が高く、今日まで国際物流と輸送の「ハブ」的存在として台頭してきました。


さらに、政府による自由貿易推奨と「外国直接投資(FDI)」により、透明かつ効率のよい規制環境が整っていることも理由の1つです。企業税を低くし、法的保護を強固にするビジネス支援を積極的におこなうことにより、国際ビジネス・金融の中心地へと発展しました。


シンガポール経済を支える5つの主要産業

現在のシンガポールを支える主要産業は以下の通りです。

金融サービス業

アジアの資金調達地点

シンガポールに拠点を置く銀行数200社、金融機関1,200社以上

石油化学産業

工業生産高の約30%を占める産業 石油化学産業の一大拠点としてジュロン島がある

日本をはじめ世界中の関連企業拠点が100社以上所在

エレクトロニクス産業

製造業生産高の約3分の1を担う産業

かつては労働集約型(半導体組み立てなど)

90年代からは「ウエハー製造」「IC設計」などに移行

観光産業

政府がIR開発や国際コンベンションの誘致に注力

マリーナ・ベイ・サンズやリゾート・ワールドセントーサなど

医薬品・医療機器産業

2000年代に台頭したバイオテクノロジー産業

全生産高のうち9.5%を占める

上記に加え、コロナ禍を経て需要が拡大してきた「バイオメディカル産業」「デジタル経済産業」なども注目されています。これらの産業は政府も後押ししており、今後のシンガポール経済を多様化・持続させていく基盤となるでしょう。


【シンガポールビジネス】日系企業が進出するメリット

シンガポールに日系企業が進出するメリットは、主に以下の3つです。


  1. アジア進出の礎となる魅力的な立地

  2. スタートアップエコシステムと政府による企業支援

  3. 安定した政治環境と優秀な労働力


上記の理由から、日系企業はもちろん世界の多国籍企業やスタートアップ企業がシンガポールへと進出し、東南アジア内外へビジネスを拡大しています。


アジア進出の礎となる魅力的な立地

シンガポールには、さまざまな分野におけるアジア進出の中継地としての魅力があります。シンガポールでネットワークができると、他国への事業展開のハードルが低くなるのです。シンガポールをハブにしながら他国への仕掛けもしておけば、東南アジア諸国への横展開も容易になるでしょう。


弊社「The Digital X」でも、デジタルマーケティングの観点から日系企業の海外進出をサポートした実績があります。シンガポールから他国への根回しをしていたことで、該当企業のデジタル広告プラットフォーム事業がスムーズに拡大できました。


スタートアップエコシステムと政府による企業支援

シンガポールは、国をあげて海外からの起業をサポートする環境を整えています。ビジネスにおける規制や手続きが明朗であり、そのすべてが電子化されていることから、スムーズに起業できるのがメリットです。


さらに、資金調達がしやすいことや、自由貿易協定による魅力的な法人税体系であることも事業展開のしやすさにつながっています。また、地域の支援イニシアティブや世界の起業家ネットワークとのプラットフォームとして、「新興企業エコシステム」を提供しているのも魅力です。


安定した政治環境と優秀な労働力

シンガポールは、政治のインフラや政策決定への過程が健全だと評価されており、アジアでも屈指の透明性を誇っている国です。安定したビジネス環境が享受できることから、企業家だけでなく投資家にも安心感を与えています


また、世界水準の教育システムや医療機関が整っていることも魅力の1つです。生活の質は労働者のモチベーションにもつながります。


また、国をあげたエリート主義・選抜主義的学校教育により、現地人に優秀な労働力を期待できることも理由です。英語に堪能な現地人が多いため、比較的スムーズなコミュニケーションが可能になるでしょう。


シンガポールビジネス成功のコツと注意点

2022年時点における日系企業のシンガポール進出数は1,084拠点です。大手を例に出すと、花王や東レ、ホンダやオートバックスの自動車産業、関電工や三井造船などさまざまな先行企業が事業拡大に成功しています。


最後に、日系企業がシンガポール進出でビジネスを成功させるコツと、把握しておくべき注意点についてみていきましょう。


横展開を前提とした戦略的進出

シンガポールは「なにもない」ところから始まった国といわれています。そのため、経済成長に必要な要素を各国から誘致する政策により、自国の経済を今日まで発展させてきました。実際、500万人前後の人口のうち、約30%が外国人で構成されています。


日系企業がシンガポール進出に成功するためには、シンガポール国内で事業を完結するのではなく、より成長が見込めるアジア各国へ横展開していくことが重要です。まずはチャレンジしやすいシンガポールで成功体験を積み、ステップアップしていくことが推奨されます。


進出サポート企業の有効活用

先述したように、シンガポールの経済市場は海外進出への第一歩として非常に有効です。はじめの一歩につまづかないためには、展開前の準備やリサーチを充実させることが必要になるでしょう。


しかし、海外への拠点設立や事業拡大は、専門的な知識が必要不可欠です。多くの企業にとって、現地に精通した人材の確保や、リサーチコストの捻出が最初の課題となるのではないでしょうか。


効率的に事業展開をおこないたいなら、思い切って専門家にリサーチや事業展開の準備をアウトソーシングすることをおすすめします。的確な現地リサーチや市場調査、自社事業に適した展開方法などを提案してもらえるため、知見が乏しい分野も補うことが可能です。


シンガポールへのビジネス進出はTheDigitalXへご相談ください

シンガポールは比較的海外進出のハードルが低い国ですが、その分競合他社も数多く存在しています。自社の強みを活かしながら確実な事業展開を叶えるには、専門家のサポートを有効活用するのがおすすめです。


弊社は、デジタルマーケティングのプロフェッショナルの観点から、シンガポールを含む海外展開に必要なリサーチや、マーケティングなどのサポートをおこなっています。各国にネイティブのマーケターが所属しているため、言語や法律、ローカライズに関するリアルな情報発信が可能です。


日系企業の海外進出サポート実績のある弊社に、ぜひ一度ご相談ください。


▼参考記事

【2024年最新版】シンガポール越境ECの実態!市場動向や人気サイトランキングを大公開

【2024年最新版】シンガポールの人気SNS事情を徹底解説!デジタルマーケティングをハックしよう

【2024年2月】シンガポールの検索エンジンランキングTOP5 | Google?bing?Yahoo?

SNS Share!!

bottom of page