top of page

2024年4月18日

【2024年最新版】マレーシアに進出してビジネスを成功させるためのポイント

マレーシアに進出してビジネスを成功させるためのポイント

マレーシア経済の動向を調査する

REUTERSによると、マレーシアの2023年の経済成長率は前年比3.7%と、政府予想の4%を下回る水準にとどまったことが分かります。世界的な金融引き締めや地政学的リスクなどの影響を受け、高い成長率が維持できなくなっています。


しかし一方で、政府は2024年の経済成長について、「底堅い国内需要と外需の回復」に支えられるとの見方を示しています。マレーシア中央銀行も、昨年第4四半期の成長鈍化は一時的なものと判断し、経済の基礎的な力強さは維持されていると分析しているようです。


こうした状況を踏まえれば、マレーシアの経済は減速気味ながらも底堅さがあり、中長期的には成長が期待できそうです。ただし、世界経済の下振れリスクなども留意が必要です。進出を検討する企業としては、マレーシアの魅力的な国内市場と成長力を最大限に活かしつつ、外的リスクにも柔軟に対応できる戦略が求められます。


最新の経済動向を常にウォッチし、機会とリスクを的確に捉えることが不可欠と言えるでしょう。


マレーシアの文化や価値観、関心事を知る

マレーシアでビジネスを成功させるためには、同国の多様な宗教や文化を理解し、適切な対応をとることが極めて重要です。マレーシアには、マレー系イスラム教徒や中国系仏教徒、インド系ヒンドゥー教徒など、様々な民族と宗教が共存しています。


宗教に基づく生活習慣や価値観が異なるため、それぞれへの配慮が求められます。特にイスラム教では、ラマダン(断食月)の期間中は日中の食事や飲食、一部の商行為が禁止されます。外国企業も休暇や営業時間の変更など、適切な対応が必要不可欠です。


また、ビジネスの商習慣にも宗教的背景が色濃く反映されています。マレー系とのアポイントでは、礼拝時間を避けるなど細かい心遣いが求められます。さらに、親族や高齢者を大切にする家族的価値観や、上下関係を重んじる階層文化にも注意が必要です。


このように、マレーシアの文化的・宗教的多様性へのきめ細かい対応と配慮が、現地での信頼関係構築とビジネスの成功につながります。異文化理解と尊重の姿勢が何よりも重要です。



マレーシアに合わせてマーケティングをローカライズする

マレーシアに進出し、ビジネスを成功させるためには、デジタルマーケティングのローカライズが不可欠なポイントとなります。マレーシアは多民族国家で言語や宗教、文化的背景が異なるため、単一のデジタルマーケティング戦略では対応しきれません。


民族ごとの嗜好や価値観を熟知し、それぞれにカスタマイズされたアプローチが求められます。例えば、マレー語や英語、中国語、タミル語など複数の言語を使い分けたWebサイトやSNSプロモーションが有効です。また、デザインやメッセージ内容にも民族性を反映させる配慮が必要不可欠です。


さらに、イスラム教徒が多数を占めるマレー系に対しては、イスラム法において合法な商品(ハラル認証)の提供や、ラマダン期間中のマーケティングの自粛など、宗教的配慮も欠かせません。このように、マレーシアの多様性に合わせてマーケティングをきめ細かくローカライズすることが、認知度向上とブランドロイヤリティ獲得に直結します。


現地ネットワークを構築する

マレーシアでビジネスを成功させるための重要なポイントの1つが、現地ネットワークの構築です。マレーシアは人脈社会であり、信頼関係の構築が事業成功の鍵を握ります。特に政府関係者やインフルエンサーなどとの太いパイプを持つことが、円滑な事業運営に大きく役立ちます。


そのためには、積極的に現地企業やコミュニティとの交流を図り、人脈を広げていくことが不可欠です。業界団体への加入や、セミナーやイベントへの参加を通じて、関係者と顔を合わせる機会を設けましょう。


また、現地スタッフの雇用も貴重な情報源となるため、マーケティングや販路開拓にも役立ちます。さらにSNSを活用し、オンラインでの現地ネットワーキングを怠らないことも大切です。SNSを通じた情報収集と発信は必須の戦略と言えます。


マレーシアでビジネスを成功させたいならTheDigitalXへご相談ください

マレーシア市場でビジネスを成功させたいなら、The Digital Xにぜひ一度ご相談ください。


現地のネイティブマーケターと日本国内のスペシャリストがあなたをサポートいたします。


今感じているお悩み・懸念なんでも聞かせてください。


こちらのお問い合わせフォームからあなたのご連絡をお待ちしています。


SNS Share!!

bottom of page