top of page

2024年4月18日

マレーシアのデジタルマーケティングのコンサルティング支援

マレーシアでビジネスをするメリット

マレーシアでビジネスを行うメリットは多岐にわたります。


まず、マレーシア政府は積極的に外資企業の誘致を行っており、投資インセンティブや税制優遇措置が十分に整備されています。また、生産拠点としての地理的利点も大きく、ASEANの中心に位置するマレーシアは域内市場へのアクセスに優れています。


さらにマレーシア統計局によると、前年と比較すると2023年の年間人口増加率は 2.1%増となり、総人口は 3,340万人と推定されます。そしてマレーシア統計局の別の調査によると、収入の中央値は2019年の3.9%と比較して、2022年には年間2.5%増加、収入の平均は2019年の4.2%と比較して2022年は2.4%増加しました。


したがって、巨大な消費市場としての将来性が期待できます。英語も公用語として浸透しており、グローバル企業にとって優れた人材確保の場でもあります。その他にも、マレーシアは伝統的に日本との親善関係が深く、世界有数の親日国家です。現地企業を含めビジネス環境が整備されており、日本企業の進出も活発化しています。


加えて、マルチ文化共生社会であるマレーシアには多様性があり、イスラム教をはじめとする宗教的背景への十分な理解が求められます。このように、マレーシアにはビジネス展開のメリットが存分にあり、特に製造業や消費関連産業など様々な分野での有望な市場が形成されつつあります。


マレーシアでビジネスをするデメリット

マレーシアでビジネスを行う上でのデメリットも存在します。最大のデメリットは、マレー系ムスリム優遇政策であるブミプトラ政策による影響です。この政策により、一部の業種でマレー系企業が優先的に扱われ、外資系企業の事業活動が制限される場合があります。


特に株式の外資規制など、出資における制約が大きな障壁となっている例もあります。また、イスラム教を信仰するマレー系が多数を占めるため、宗教的・文化的配慮が欠かせません。例えばハラル認証の取得は食品業界で必須であり、その認証を得るプロセスにコストと時間を要します。宗教的な祝祭日にも影響を受けるでしょう。


更に、マレーシアは移民国家でもあり、優秀な人材のジョブホッピング(スキルや収入向上を目的に転職を繰り返すこと)が横行しがちです。良質な人材の確保と定着が難しい面があり、人材育成コストの高止まりにつながる可能性もあります。


その他、輸出入関連の手続きの煩雑さや、一部の地域でのインフラ未整備など、ビジネス環境の課題もないわけではありません。


マレーシアでのデジタルマーケティングのコンサルティング支援ならThe Digital X

マレーシア市場へ進出のために、デジタルマーケティングのコンサルティングが必要であれば、The Digital Xにぜひ一度ご相談ください。


現地のネイティブマーケターと日本国内のスペシャリストがあなたをサポートいたします。

今感じているお悩み・懸念なんでも聞かせてください。


こちらのお問い合わせフォームからあなたのご連絡をお待ちしています。

SNS Share!!

bottom of page