top of page

2024年4月18日

マレーシアの広告代理店|デジタル&Webマーケティングを一気通貫でサポート

悩み・願望

  • ターゲット層の人種や言語、文化を配慮した上でアプローチしたい

  • デジタルマーケティングの戦略立案と予算配分が分からない

  • 現地の文化や習慣に合わせたコンテンツのローカライズをしたい

  • マレーシアの規制や倫理的側面への配慮した上でマーケティング活動をしたい


マレーシアで成功するデジタルマーケティング

広告運用

2023年の外務省の調査によると、マレーシアは民族的に多様であり、マレー系が70%、中華系が23%、インド系が7%となっています。このため、複数の言語や文化的背景に配慮したローカライズが不可欠です。広告メッセージや視覚表現は、ターゲット層の嗜好や価値観に合わせて最適化する必要があります。


また、デジタルチャネルの選択と活用法も重要です。FacebookやInstagramなどのSNSが人気がある一方で、テレビや新聞、屋外広告といった伝統的なメディアの影響力も残っています。目的や予算に応じて適切な媒体ミックスを検討し、各チャネルの特性を生かした運用が求められます。


加えて、マレーシアには個人情報保護法がありますので、これらの法令を遵守する必要があります。宗教的な側面にも配慮が必要で、イスラム教徒を冒涜するような表現は控えめにする必要があります。


SEO

まず、マレーシアには公用語として、マレー語や英語、中国語、タミル語の4つがあります。SEOではこれら複数の言語に対応したコンテンツ作成と、キーワード選定が重要になります。特に母語であるマレー語のコンテンツの充実が不可欠です。


次に、マレーシアのモバイル利用率が高いため、モバイルファーストのコンテンツ設計が求められます。スピードやUIのユーザビリティ向上が検索ランキングにも影響します。また、マレーシアには地域性があり、クアラルンプール首都圏などの都市部と地方では人々の関心事が異なります。


効果的なSEOには、このような地域性を意識したローカライズ対応が必須です。さらに、マレーシアではイスラム教の影響が強く、ブログやSNSの発信力が高いことから、インフルエンサーマーケティングとの連携も重要になってきます。


SNS

マレーシアではFacebook、Instagram、TwitterなどのグローバルなSNSプラットフォームが広く利用されています。しかし、特にマレー系住民を中心に、国産のSNSアプリWechatの利用も多数見られます。ターゲット層に合わせてこれらプラットフォームを使い分けることが重要です。


SNSコンテンツについては、マレーシアの多様な言語・文化への対応が不可欠です。少なくともマレー語や英語、中国語の3つの言語に対応したローカライズが求められます。また、宗教的な配慮も欠かせず、イスラム教徒を冒涜しないよう細心の注意を払う必要があります。


さらに、マレーシアではインフルエンサーマーケティングが高い影響力を持っています。人気インフルエンサーとの協業を検討するなど、適切なインフルエンサー戦略も重要なポイントとなります。


SNS Share!!

bottom of page