top of page

2024年6月27日

【2024年版】ベトナム市場の越境ECで人気プラットフォーム4選を紹介

「ベトナム市場での越境ECへの参入したいけど、どのプラットフォームが人気なの?」


本記事では、上記のような疑問がある方へ向けて、ベトナム市場における人気の越境ECプラットフォーム4選を紹介します。


さらに、ベトナムの消費者行動や市場動向についても深掘りし、越境EC市場で成功を収めるための戦略を提供しますので、ご参考ください。




ベトナムの基本情報

まずはベトナムの基本情報をまとめました。

面積

32万9,241平方キロメートル

人口

約1億30万人

民族

キン族(越人)約86%、他に53の少数民族

公用語

ベトナム語

宗教

仏教、カトリック、カオダイ教他

主要産業

農林水産業(GDPに占める割合11.96%)、鉱工業・建築業(同37.12%)、サービス業(同42.54%)

引用:外務省 ベトナム基礎データ


またworldometersによると、世界の人口ランキングで16位にランクされ、直近3年の人口増加の推移を見ると毎年0.7%前後増加しています。日本の人口は直近で毎年0.50%前後で減少しているため、今後も成長が期待できます。


出典:

Malaysia Population (2024) - Worldometer

Japan Population (2024) - Worldometer


ベトナム越境ECの市場規模

statistaによると、ベトナムのEC市場は急速に成長しており、2024年には139億米ドル(2024年6月時点で2兆2,350億円)まで伸びると予測されています。


この市場は年間11.21%の成長率で拡大し、2029年には236億5,000万米ドル(3兆8,027億円)まで成長すると見込まれています。それに対して日本の成長率は9.23%なので、ベトナムの将来性の高さが伺えます。


また、2029年にユーザー数は3,599万人で、普及率は同年に35.9%(2024年時点で31.0%)まで普及すると予測されています。日本では、2029年までに87.3%(2024年時点で72.3%)となっており、それと比べるとベトナムは長期的な伸びしろが期待できます。


以下のカテゴリ別の売れ筋調査では、電化製品や服、食品が上位を占めており、その中でも食品が前年比で18.6%増となっています。

(出典:https://datareportal.com/reports/digital-2024-vietnam)


今後ベトナムのEC市場は、年間11.21%成長するとの見込みがあるため、売れ筋のカテゴリ以外でも市場調査や競合調査をして問題なければ、参入余地は高いと言えるのではないでしょうか。


ベトナムの消費者のブランド認知と購入を促す要素

以下の調査では、ブランドを認知する媒体として、検索エンジンやテレビ広告、口コミサイトが上位を占めています。

(出典:https://datareportal.com/reports/digital-2024-vietnam)


日本では口コミサイトが9位となっており、ベトナムで越境ECするにあたってレビューサイト掲載の施策は必須だと言えるでしょう。


また購入を促す重要な要素として、1位が無料配送、2位がクーポン・割引、3位が決済プロセスの簡略化となっています。

(出典:https://datareportal.com/reports/digital-2024-vietnam)


無料配送やクーポン・割引は、顧客獲得コストは増えますが、新規顧客獲得および認知度が向上し、長期的にはコストを上回る価値が期待できます。


また決済プロセスの簡略化に関しては、即購入できることでコンバージョン率を向上できるため、売上アップにもつながります。


ベトナム越境EC人気プラットフォーム4選

tmogroupの調査を参考に、ベトナムの越境EC人気プラットフォーム(モール型ECサイト)を解説します。


  • Shopee(ショッピー)

  • Lazada(ラザダ)

  • Tiki(ティキ)

  • Sendo(センド)


モール型ECを利用することで、自社ECサイトを構築するよりも認知獲得を早期化できます。


Shopee(ショッピー)

(出典:https://shopee.vn/)


Shopeeの大きな優位性の一つは、プラットフォームは定期的に大規模なセールイベントを実施し、アプリ内で独自の広告ツールを提供している点です。これにより、ターゲット顧客に直接リーチし、効果的に商品を宣伝できます。


また、Shopeeはモバイルファーストを優先し、モバイルアプリケーションの使用が容易で直感的です。これはモバイルデバイスが普及しているベトナム市場において、重要なメリットです。利用者はスマートフォン一つで商品の検索から購入、支払い、配送の追跡が可能であり、その利便性から多くのリピーターを獲得しています。


Lazada(ラザダ)

(出典:https://www.lazada.vn/#?)


Lazadaは、アリババグループによってサポートされているため、技術的な基盤やマーケティングリソースが充実しています。


消費者はいつでもどこでも簡単に商品を検索し、購入可能です。また、Lazadaはセラー向けの包括的なサポートとして、ロジスティクスの支援、カスタマーサービス、および広告プロモーションツールを提供しており、ビジネスの拡大と収益化を容易にしています。


Tiki(ティキ)

(出典:https://tiki.vn/)


Tikiはベトナムで迅速に成長している越境ECプラットフォームの一つです。ベトナム国内で、特に若い消費者層に人気があるのがTikiです。


Tikiの主な強みは、多様な商品カテゴリーと競争力のある価格設定です。また、高速配送サービスを提供しており、顧客満足度が高いのも特徴です。


さらに、Tikiは配送スピードに注力しており、これが顧客満足度の向上に繋がっています。実際に購入を促す重要な要素の中で、翌日配送は6位ではありますが、2位のクーポン・割引と2%程度しか差がなく、僅差となっています。


したがって、配送スピードは消費者のロイヤリティ獲得にも貢献しており、リピート購入率の向上に寄与していると言えるでしょう。


Sendo(センド)

(出典:https://www.sendo.vn/)


Sendoは、特に地方都市や田舎地域の消費者に人気があり、都市部だけでなく全国規模での販売戦略を展開する企業向けのプラットフォームです。


Sendoは、ベトナム全土のユーザーに適切にアプローチできるように、地域ごとに異なる人気商品やプロモーションを前面に出し、地元の言葉や文化的要素を取り入れた広告を使用することで、パーソナライズされたキャンペーンを提供しています。


また、SendoはCtoC市場にも強く、個人の売り手が容易に市場に参入し、自身の商品を販売できます。


ベトナム越境ECの「Shopee(ショッピー)」出店方法

Shopee出店方法は以下の通りです。


①アカウント開設申請

Shopeeの公式ウェブサイトからアカウント申請を行います。必要事項をフォームに入力し、申請を送信します。

申請後、Shopeeによる審査が行われ、審査通過後に店舗アカウント開設の案内がメールで送られます。


②店舗アカウント開設

案内メールに従って、指定された手順で店舗アカウントを設定します。


③ショップの基本設定

セラー専用の管理画面から、ショップのロゴ、カバー画像、ショップ名、説明文を設定します。これらは購入者が見るショップのプロフィールとなります。


④商品の出品

商品を5点以上アップロードし、商品情報(価格、説明、画像など)を設定します。商品は個別に登録する方法の他、CSVファイルでの一括アップロードや外部管理システムとのAPI連携による方法が選択できます。


⑤メイン・サブアカウントの設定

メインアカウントを用いて、必要に応じて複数のサブアカウントを管理し、それぞれに異なる権限を設定することが可能です。


⑥決済システムの設定

Shopee内での売上金の受け取りには、Payoneerなどの決済サービスを利用します。アカウントとの連携を確認し、設定します。


手順が変更されている可能性があるので、詳細はShopeeの公式サイトで確認してください。


ベトナム越境ECの「Lazada(ラザダ)」出店方法

ベトナムでのLazada(ラザダ)への出店手順を以下のステップで説明します:


①出店申請

Lazadaのセラーセンターにアクセスし、「今すぐ売り始める」を選択して、登録情報(会社名、住所、連絡先、銀行情報など)を提供します。


②必要書類の提出

事業登録証明書、税納付証明書などの法的書類をアップロードし、Lazadaによる承認を待ちます。


③商品情報とストアデザインの設定

商品説明にSEO対策を施し、高品質な画像とともに商品をリストアップ。ストアデザインでは、ブランドのアイデンティティを反映させたバナーを設置します。


④支払いと配送方法の設定

支払い方法と配送オプションを設定し、Lazadaの物流ソリューションを活用して効率的な配送を実現します。


手順が変更されている可能性があるので、詳細はLazadaの公式サイトで確認してください。


ベトナム越境ECにおけるよくある質問

ベトナム越境ECにおけるよくある質問を下記にまとめました。


  • Tiki(ティキ)およびSendo(センド)に出店したいのですが、可能でしょうか?

  • SNSで集客したいのですが、ベトナムではどれが人気でしょうか?

  • ベトナムでビジネスを失敗する企業の特徴はありますか?


Tiki(ティキ)およびSendo(センド)に出店したいのですが、可能でしょうか?

TheDigitalでは、ベトナム現地のマーケターと共同で出店を進めるので、問題ございません。


以下からお問い合わせください。


https://www.thedigitalx.net/contact


もちろんそれ以外のプラットフォームの出店に関しても、お問い合わせください。


SNSで集客したいのですが、ベトナムではどれが人気でしょうか?

以下の記事で、人気のSNSや年齢層別の利用率などを紹介してますので、ご参考ください。


【2024年最新】ベトナムSNSランキング|インターネット事情をマーケティングに活かすコツ


また以下の記事では、ベトナムのインフルエンサー広告の現状や、Instagramのインフルエンサーのアカウントに関しても紹介していますので、こちらもご参考ください。


【2024年版】ベトナムのInstagramの利用者数&インフルエンサー広告の現状を解説


ベトナムでビジネスを失敗する企業の特徴はありますか?

ベトナムでビジネスを失敗する日本企業の特徴について、以下で解説していますのでご参考ください。


【2024年最新】ベトナムビジネス進出のために知っておくべき基礎知識


ベトナムでの越境ECのコンサル&運用ならTheDigitalXへご相談ください

ベトナムでの越境ECの戦略立案や施策実行に不安がありましたら、The Digital Xにぜひ一度ご相談ください。


現地のネイティブマーケターと日本国内のスペシャリストがサポートいたします。

今感じているお悩み・懸念などなんでも聞かせてください。


こちらのお問い合わせフォームからあなたのご連絡をお待ちしています。

SNS Share!!

bottom of page