top of page

2024年5月24日

デジタルマーケティングコンサル企業が解説!韓国でビジネスを成功させるには?

「韓国へ進出のためにコンサルティングを受けたい」

「韓国でビジネスを成功させるには、何を準備すれば良いの?」


と考えている方に対して、本記事では下記について解説します。


  • 韓国の現状の市場動向

  • 韓国での法規制とビジネス環境

  • 韓国ビジネスを成功させる戦略


韓国でビジネスを成功させたい方はぜひ参考にしてください。


韓国のデジタルマーケティングについては、「【2024年版】韓国のデジタルマーケティングトレンド | データを基に最新情報を解説」をご覧ください。



最新の韓国市場

Data Commonsのデータによると韓国は人口約5,163万人おり、コロナ禍以降に迅速な経済回復を遂げています。ロシア・ウクライナ情勢によるインフレや供給網の課題はあるものの、サービス業への制限解除に伴い成長を続けています。


韓国の国立地理情報研究所 (NGII)によると、特に半導体やバッテリー、自動車などの製造業が急速に発展し、サムスン電子やLGなどの世界的企業を多数輩出しています。ITやAI、ロボット工学分野でも韓国は世界トップクラスの実力を持ち、5Gの普及も進んでいます。


一方で、格差の問題への対応が課題とされています。toC向けのサービスの場合、格差が広がることで中間所得層の購買力が落ち、マーケットとしての魅力が低下する恐れもあります。


韓国での法規制とビジネス環境

JETROによると、韓国では法人税率は課税所得に応じ9~24%、個人所得税率は6~45%の累進課税となっています。


一方、外国企業向けには法人税が韓国源泉所得のみに課され、租税条約で2.2~22%の源泉税率が適用される場合があります。


VAT(付加価値税)は10%が一般的ですが、特定の財やサービスには0%の税率や免税が適用される場合もあります。


ICTインフラが整備され、世界最速のインターネット普及率96.2%を誇ります。


課題としては、文化の違いへの配慮や市場特性の深堀り、法規制遵守、言語の壁、政治リスクへの備えなどが挙げられます。


しかし、巨大市場と高い技術力、アジアゲートウェイとしての地理的優位性などのメリットは大きく、適切な準備と戦略があれば大きなビジネスチャンスを期待できます。


韓国ビジネスを成功させる戦略

韓国ビジネスを成功させるための戦略は、次の3つです。


  • NAVERを中心としたWebマーケティングの実行

  • 意思決定のスピード

  • 韓国式のマナーと商習慣の理解と実践


h3:アクセスの多い媒体を軸としたデジタルマーケティングの実行

2024年のDATAPORTALの調査によると、1番アクセスの多かったWebサイトがYouTube、2番目がGoogle、3番目がNaverでした。


訪問者数はもちろんですが、平均滞在時間もこの3つのWebサイトが上位にいるため、BtoCの場合はこれらの媒体でのデジタルマーケティングが効果的です。具体的には、媒体ごとの広告やSEO対策、インフルエンサーマーケティングなどが挙げられます。


またFacebookのリファラル効果が高いことが伺えます。


もしWebサイトやSNSでコンテンツマーケティングを行った場合、コンテンツの告知をすることで流入数を高められます。そのため、各媒体のアルゴリズム的にプラス効果があり、トラフィック増加を期待できると言えるのではないでしょうか。


意思決定のスピード

2つ目は、韓国企業において個人に決定権が委ねられており、スピーディーな判断が求められる点です。そのため、日本式の本社への持ち帰り検討スタイルでは、韓国のスピードに追いつきません。


そこで、プロジェクトごとにリーダーを任命し、現場での機動的な意思決定を可能にすることが重要です。併せて、現地スタッフや韓国ビジネス専門家と連携し、適時適切な対応を取れる体制を整備する必要があります。


韓国式のマナーと商習慣の理解と実践

3つ目は、韓国式のマナーと商習慣を理解し実践することです。韓国には儒教文化に由来する年功序列意識が根強く、上下関係のマナーが重視されます。挨拶や名刺交換、飲食の場面など、様々なビジネスシーンで注意が必要となります。


また、紹介やコネを重んじる傾向もあり、人間関係が商談の成否を分ける場合も多くあります。このようなマナーや商習慣を無視すれば、現地での活動が難航する可能性が高くなります。


韓国進出における実用的な情報サイトの紹介

韓国進出にあたっては、効率的かつ実用的な情報収集が不可欠です。成功への鍵となる情報サイトをいくつか紹介します。


サイト

概要

KOTRAは韓国政府の支援を受けており、世界各地にオフィスを持つ公的機関です。韓国との貿易や投資に関する詳細な情報、市場調査、法規制のアップデートを提供しています。


日本企業が韓国市場へ進出する際には、KOTRAの提供する多言語サービスが役立ちます。

韓国統計局のWebサイトは、韓国の経済や人口、産業に関する統計情報を広範囲にわたって提供しています。市場のトレンド分析や消費者行動の理解に役立つ信頼性の高いデータが豊富です。

韓国のビジネスニュースサイト

BusinessKoreaKorea Heraldなどの英語ニュースサイトは、日々の経済ニュースを提供し、政治経済の変動や業界の新たなトレンドについて最新情報を入手する手段として優れています。


韓国進出する際の注意点

日本企業が韓国に進出する際の主な注意点は以下の通りです。


  • 為替変動リスク

  • 現地人材の管理・育成

  • 法制度・情勢の変化への対応


為替変動リスク

韓国ウォンと日本円の為替レートは変動するため、為替変動による損失を最小限に抑える対策が必要です。適切な時期に為替予約を行うなど、リスクヘッジが重要になります。


現地人材の管理・育成

韓国では意見をストレートに述べる文化があり、日本とは異なる国民性を持つ人材が多いため、適切な人材管理と育成が課題となります。韓国の労働関連法規を理解し、現地スタッフとのコミュニケーションを密に取ることが不可欠です。


法制度・情勢の変化への対応

韓国の法制度や政治・経済情勢の変化に機動的に対応できる体制を整備する必要があります。例えば2019年には日本製品不買運動が起こるなど、日韓関係の変化がビジネスに影響を及ぼすリスクがあります。


TheDigitalXは韓国進出に向けたデジタルマーケティングのコンサルティングを支援

韓国進出に不安がありましたら、The Digital Xにぜひ一度ご相談ください。


現地のネイティブマーケターと日本国内のスペシャリストがサポートいたします。

今感じているお悩み・懸念などなんでも聞かせてください。


こちらのお問い合わせフォームからあなたのご連絡をお待ちしています。

SNS Share!!

bottom of page